HOME > 医療トピックス[全国版] > 熊本地震、発災1年(中編) 一部診療の再開と民間団体の地道な支援

医療トピックス[全国版]

熊本地震、発災1年(中編) 一部診療の再開と民間団体の地道な支援

医療タイムス 全国版 2017.05.01 No.2301
レポート,特集
熊本地震から1年。昨年4月に被災し、一時は全職員を解雇するなど休院していた熊本県南阿蘇村立野の医療法人社団順幸会阿蘇立野病院(上村晋一理事長・院長)が4月12日、一部診療を再開した。困難に揺さぶられながら本格的な再開を目指す。崩落した阿蘇大橋を中心にした地域の基幹病院再開は復興への大きな力となりそうだ。一方、同県では今も4万人が仮設住宅で暮らす。DMAT、JMATなど救急医療班が去った後にはナースの会や災害支援センターなどボランティア団体が入り、地道な支援を続けている。熊本城や阿蘇神社など、損壊した地域のシンボルも再建へ踏み出している。

■阿蘇立野病院の挑戦
地域医療への責任と信念で診療再開にこぎ着ける
■現地レポート
いまだ仮設住宅に4万人超の被災者が長期継続が求められる心身の健康管理
2301_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る