HOME > 医療トピックス[全国版] > 在宅ケアの展望を語る~高齢者は地域でどう生きていくか

医療トピックス[全国版]

在宅ケアの展望を語る~高齢者は地域でどう生きていくか

医療タイムス 全国版 2017.02.06 No.2289
レポート,特集
都内南部の城南エリアを中心に訪問看護ステーションなどを展開するソフィアメディ株式会社は特別企画シンポジウム「在宅医療・看護・介護ビジネス事業の将来展望を語る」を開催した。2025年には人口のボリュームゾーンである団塊世代が後期高齢者となる。高齢により認知症や成人病、がんなどのリスクが高まることから、在宅医療・介護のニーズもまた急拡大するだろう。そうした超高齢社会において、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるためには、経営基盤のしっかりとした在宅医療システムが必要だ。シンポジウムの講演内容の一部を紹介する。

■介護ビジネスのパイオニアが展開する訪問看護ステーション拠点の地域包括ケア
ソフィアメディ代表取締役 水谷 和美 氏
■在宅医療のオピニオンリーダーが語る生活を支える在宅療養支援診療所の生産性
医療法人社団悠翔会理事長 佐々木 淳 氏

 

 

 

 
2289_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る