HOME > 医療トピックス[長野県版] > 今年度決算、2.2億円の赤字見込む 受診控え響き、信州医療C(2/12)

医療トピックス[長野県版]

今年度決算、2.2億円の赤字見込む 受診控え響き、信州医療C(2/12)

医療タイムス 長野県版 2021.02.12 
医療ニュース
 県立信州医療センター(須坂市、寺田克院長)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、今年度の経常損益が2億1878万円の赤字を見込んでいると、9日に開いた運営協議会で明らかにした。例年は、11月ごろからインフルエンザが流行し肺炎などの入院患者や外来が増加傾向にあるが、現状はインフル患者がゼロだと報告…【2月15日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る