HOME > 医療トピックス[長野県版] > 脳表面から深部まで連続採取 信大、医工連携で脳腫瘍生検針(2/10)

医療トピックス[長野県版]

脳表面から深部まで連続採取 信大、医工連携で脳腫瘍生検針(2/10)

医療タイムス 長野県版 2021.02.10 
医療ニュース
 信大病院脳神経外科と高島産業(茅野市)、フジタ医科器械(東京都)が9日、脳表面から病変部まで連続した組織を円柱状に採取できる生検針を開発し、近く販売開始すると発表した。脳腫瘍などの病理診断でこれまで行われてきた開頭や内視鏡、定位脳生検術に比べて低侵襲で精度の高い診断ができる。既に医療機器の届出を行って商品化を…【2月12日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る