HOME > 医療トピックス[長野県版] > 下肢静脈瘤に対する血管内接着材治療を開始 長野市民(1/6)

医療トピックス[長野県版]

下肢静脈瘤に対する血管内接着材治療を開始 長野市民(1/6)

医療タイムス 長野県版 2021.01.06 
医療ニュース
 長野市民病院(池田宇一院長)はこのほど、カテーテルを使い下肢静脈用の接着材を血管内に注入して血管を閉塞する「血管内接着材治療」を始めた。従来の熱によって血管をふさぐ血管内焼灼術と比べ、やけどと神経障害など周辺組織への影響や痛みが少ないのが特徴。同院によると、下肢静脈瘤に対する接着材を使用した…【1月7日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る