HOME > 医療トピックス[長野県版] > 治療と仕事の両立支援体制を構築 1月から運用開始、諏訪日赤(12/25)

医療トピックス[長野県版]

治療と仕事の両立支援体制を構築 1月から運用開始、諏訪日赤(12/25)

医療タイムス 長野県版 2020.12.25 
医療ニュース
 諏訪赤十字病院(諏訪市、梶川昌二院長)は、がんや脳卒中患者らを対象とした治療と仕事の両立の支援体制を構築し、来年1月から本格的に運用を開始する。病院と患者の勤務先がそれぞれ持っている情報を共有し、治療と就労の両立という共通の目標に向かって支援していくと…【12月28日号タイムスFax】
諏訪日赤 藤森氏
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る