HOME > 医療トピックス[長野県版] > 少検体対応のPCR装置 信大と野村メディカル共同開発(10/26)

医療トピックス[長野県版]

少検体対応のPCR装置 信大と野村メディカル共同開発(10/26)

医療タイムス 長野県版 2020.10.26 
医療ニュース
 信大医学部と医療機器開発の野村メディカルデバイス(茅野市、森昭雄社長)が23日、少ない検体数に対応する小型PCR検査装置の基幹技術を開発したと発表した。これまで大学病院や行政の検査施設で多検体を同時に解析する方法で行われていたPCR検査が、市中病院やクリニックなど小規模施設でも効率的に実施できるようになる。試薬開発などを進め…【10月27日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る