HOME > 医療トピックス[長野県版] > シートで患者情報共有 薬薬連携、多職種連携推進へ(10/8)

医療トピックス[長野県版]

シートで患者情報共有 薬薬連携、多職種連携推進へ(10/8)

医療タイムス 長野県版 2020.10.08 
医療ニュース
 地域の薬剤師・薬局と他職種との連携を強化して患者に安全・有効な薬物療法を切れ目なく提供し、認定薬局(地域連携薬局・専門医療機関連携薬局)を推進するため県が厚生労働省から受託した「認定薬局整備支援事業」(旧「患者のための薬局ビジョン推進事業」)。県委託による実施主体の県薬剤師会(日野寛明会長)は今年度同事業の一環として、「薬薬連携を中心とした多職種連携による入退院時の情報提供モデル事業」を実施する。入退院時の情報共有シートを活用し、病院と保険薬局双方で入退院時の服薬管理をチェックすることで…【10月9日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る