HOME > 医療トピックス[長野県版] > 信大、バイオバンク運用開始 医学研究の基盤提供へ(10/2)

医療トピックス[長野県版]

信大、バイオバンク運用開始 医学研究の基盤提供へ(10/2)

医療タイムス 長野県版 2020.10.02 
医療ニュース
 がん組織の試料と診療情報を収集・保管し、医療や薬学研究の発展に役立てる「バイオバンク」の取り組みが信大病院で始まった。バンクは8月から運用し、婦人科の手術検体を収集。将来的には協力診療科を増やし、さまざまな試料を保管した上で学内外の研究者に研究基盤を提供する。組織の採取から凍結保存までを迅速に行うことでゲノム情報の品質を保ち…【10月5日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る