HOME > 医療トピックス[長野県版] > 協働で脳卒中再発予防 一定の成果 駒ケ根市と昭和伊南(9/8)

医療トピックス[長野県版]

協働で脳卒中再発予防 一定の成果 駒ケ根市と昭和伊南(9/8)

医療タイムス 長野県版 2020.09.08 
医療ニュース
 脳卒中による死亡比が県内や全国に比べ高く、1年以内に再発する人数が多かった駒ケ根市は、地域の基幹病院である昭和伊南総合病院(村岡紳介院長)と連携し、脳卒中再発予防事業を独自で行っている。2018年度から本格的に協働した支援を開始し、退院後1年間、看護師や管理栄養士らが患者と定期的に面談を行い、セルフマネジメント力を高める取り組みなどによって…【9月9日号タイムスFax】
昭和伊南と駒ケ根市ミーティング(駒ケ根市提供)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る