HOME > 医療トピックス[長野県版] > TAVIが200症例に 佐久医療センター(9/7)

医療トピックス[長野県版]

TAVIが200症例に 佐久医療センター(9/7)

医療タイムス 長野県版 2020.09.07 
医療ニュース
 大動脈弁狭窄症の治療法TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)を、県内で初めて導入したJA長野厚生連佐久総合病院佐久医療センター(石毛広雪院長)は200症例を達成した。同院のTAVIには、循環器内科や心臓血管外科、麻酔科の医師をはじめ、臨床工学技士や放射線技師、看護師らで構成する「ハートチーム」が一丸となって治療を行い…【9月8日号タイムスFax】
TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)200例を達成(佐久医療センター ハートチーム)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る