HOME > 医療トピックス[長野県版] > 4~5月で2億3000万円の赤字計上 新型コロナ影響、諏訪日赤(6/30)

医療トピックス[長野県版]

4~5月で2億3000万円の赤字計上 新型コロナ影響、諏訪日赤(6/30)

医療タイムス 長野県版 2020.06.30 
医療ニュース
 諏訪赤十字病院(梶川昌二院長)は、新型コロナウイルス感染症の影響により、4~5月の医業収支が約2億3000万円の赤字になったと、6月29日に開いた経営審議会で明らかにした。患者の受診控えにより、入院・外来患者などの減少が目立ったとして梶川院長は、「今後も新型コロナの第2波が予想されるが…【7月1日号タイムスFax】
諏訪日赤 経営審
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る