HOME > 医療トピックス[長野県版] > 高齢心不全患者、複合フレイルで予後悪化 信大など共同研究(6/19)

医療トピックス[長野県版]

高齢心不全患者、複合フレイルで予後悪化 信大など共同研究(6/19)

医療タイムス 長野県版 2020.06.19 
医療ニュース
 信大病院や順天堂大院医学研究科の研究グループが19日、高齢の心不全患者が身体的・社会的フレイルなど複数の状態を合わせ持つと再入院や死亡のリスクが高まるとの研究成果を発表した。これまで経過予測が難しかった高齢心不全患者に対しては、フレイルを多面的に評価することの重要性が…【6月22日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る