HOME > 医療トピックス[長野県版] > 標的がんへ治療遺伝子運搬 信大と東芝が共同開発(5/29)

医療トピックス[長野県版]

標的がんへ治療遺伝子運搬 信大と東芝が共同開発(5/29)

医療タイムス 長野県版 2020.05.29 
医療ニュース
 信大医学部小児医学教室の中沢洋三教授らの研究グループはこのほど、東芝(東京都、車谷暢昭社長)との共同研究により、脂質でできたナノサイズカプセルに治療遺伝子を内包して標的がん細胞へ高効率に運ぶ治療技術を開発したと発表した。これまで再発・治療不応例に対して有効な治療法がなかった「T細胞腫瘍(T細胞型急性リンパ性白血病)」への治療効果が期待される…【6月1日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る