HOME > 医療トピックス[長野県版] > 県医師会にフェイスシールド ロータリーが寄贈(5/7)

医療トピックス[長野県版]

県医師会にフェイスシールド ロータリーが寄贈(5/7)

医療タイムス 長野県版 2020.05.07 
医療ニュース
 国際ロータリー第2600地区が2日、県と県医師会にフェイスシールド計1万9200セットを寄贈した。同日県医師会館で行われた贈呈式で古川静男ガバナーは「今一番困っている医療現場を援助したい」とあいさつ。関隆教県医会長は、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を「世界規模の戦争といっていい」と話し「(防護具は)医療人にとっての鎧兜であり、自らの安全を守りながら(感染症と)闘うことができる…【5月8日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る