HOME > 医療トピックス[長野県版] > 入院可能な医療機関は57病院227床  阿部知事、新型コロナで体制整備(3/19)

医療トピックス[長野県版]

入院可能な医療機関は57病院227床  阿部知事、新型コロナで体制整備(3/19)

医療タイムス 長野県版 2020.03.19 
医療ニュース
 阿部守一知事は19日の会見で、新型コロナウイルス感染症患者に係る医療体制について、これまで感染症指定医療機関11病院46床だった入院受け入れ可能な医療機関を今後の感染拡大を踏まえて57病院227床に整備したと公表した。
 感染症指定医療機関の病床数をこれまでの46床から92床に倍増したほか、重度患者を受け入れる高度医療機関として8病院12床、入院協力医療機関として38病院123床を…【3月23日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る