HOME > 医療トピックス[長野県版] > 不妊治療休暇導入へ 男女ともに最長1年、県(2/7)

医療トピックス[長野県版]

不妊治療休暇導入へ 男女ともに最長1年、県(2/7)

医療タイムス 長野県版 2020.02.07 
医療ニュース
 県は6日、2020年度から職員が不妊治療に取り組むための休暇制度を導入すると発表した。関係条例案を2月議会に提出する。
 休暇は、医療機関からの「不妊治療連絡カード」を所属長に提出することで男女ともに最長1年間取得できる。茨城県が同様の制度を導入しているが、1年間取得できる都道府県は初めて…【2月10日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る