HOME > 医療トピックス[長野県版] > 県DPATに信大と小諸高原 年度内にも協定締結へ(2/5)

医療トピックス[長野県版]

県DPATに信大と小諸高原 年度内にも協定締結へ(2/5)

医療タイムス 長野県版 2020.02.05 
医療ニュース
 災害発生時の精神保健ニーズに対応する災害派遣精神医療チーム(DPAT)を派遣する医療機関として近く信大病院(本田孝行院長)と小諸高原病院(山﨑敏生院長)が登録される見通しが明らかになった。4日に県庁で開いたDPAT運営会議(鷲塚伸介座長=信大医学部精神医学教室教授)で県が説明。派遣可能なチーム数は信大1、小諸高原2となる見込みで…【2月6日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る