HOME > 医療トピックス[長野県版] > 大塚長放技会長「タスクシフト受け止めを」  長放技と長臨技が賀詞交歓会(1/21)

医療トピックス[長野県版]

大塚長放技会長「タスクシフト受け止めを」  長放技と長臨技が賀詞交歓会(1/21)

医療タイムス 長野県版 2020.01.21 
医療ニュース
 県診療放射線技師会(大塚亨会長)と県臨床検査技師会(實原正明会長)は18日、松本市内で合同賀詞交歓会を開き、新年にあたって会員らが交流を深めた。
 大塚長放技会長は祝宴に先立つあいさつで「1960年代は高度経済成長、90年代は環境や省エネの時代と30年ごとに時代は大きく変化し、2020年は新時代の幕開けになる」と話した。その上で、医療界の働き方改革について「タスクシフティングとして…【1月22日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る