HOME > 医療トピックス[長野県版] > 助産師のマンパワー生かし「院内助産」開始 諏訪中央(1/17)

医療トピックス[長野県版]

助産師のマンパワー生かし「院内助産」開始 諏訪中央(1/17)

医療タイムス 長野県版 2020.01.20 
医療ニュース
 諏訪中央病院(吉澤徹院長)は1日から、病院内で助産師が正常な分娩を担う「院内助産」を開始した。産科医不足により、これまでは分娩の受け入れを調整していたが、今後は助産師13人と看護師8人のマンパワーを生かし、地域の分娩を継続していく。同院は昨年1、3、6月に常勤の産婦人科医4人のうち3人が相次いで退職し…【1月20日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る