HOME > 医療トピックス[長野県版] > 酸素ボンベ残量示すアラート装置開発 信大など医工連携(1/15)

医療トピックス[長野県版]

酸素ボンベ残量示すアラート装置開発 信大など医工連携(1/15)

医療タイムス 長野県版 2020.01.15 
医療ニュース
 信大や丸の内病院(中土幸男院長)、県内の企業などが連携してこのほど、酸素ボンベの残量を示すアラート装置を開発した。これまで酸素ボンベの残量を医療現場で常に意識することは困難で、生命維持に直結するインシデントも発生していたという。開発した「e-アラート」はボンベ圧力の低下を警告音と光で知らせるもので、汎用性が高く低価格で提供できることが…【1月16日号タイムスFax】
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る