HOME > 医療トピックス[長野県版] > 診療科は現行の35、病床数縮小へ 長野日赤が新病院基本構想示す(11/28)

医療トピックス[長野県版]

診療科は現行の35、病床数縮小へ 長野日赤が新病院基本構想示す(11/28)

医療タイムス 長野県版 2019.11.28 
医療ニュース
 移転新築を目指す長野赤十字病院(和田秀一院長)は27日、同院で開いた運営協議会で、以前より現実的な計画を盛り込んだ「新病院基本構想Ver.2」の素案を示した。今後の地域医療構想や人口減少を想定し、診療科数は現行と同様の35で、病床数は現在の680床から縮小する方針。建設費用は総額350億~400億円を見込み…【11月29日号タイムスFax】
長野日赤 運営協
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る