HOME > 医療トピックス[長野県版] > 自律神経疾患に関与か 受容体に対する自己抗体、信大難病診療C(11/8)

医療トピックス[長野県版]

自律神経疾患に関与か 受容体に対する自己抗体、信大難病診療C(11/8)

医療タイムス 長野県版 2019.11.08 
医療ニュース
 信大病院難病診療センターとドイツ、イスラエルの研究機関でつくる研究グループがこのほど、慢性疼痛などの発症に、自律神経受容体に対する自己抗体が関与している可能性があるとの研究成果を明らかにした。多数の血清中自己抗体の有無を一度に測定できる方法も確立しており、評価が難しい自律神経障害のバイオマーカーとして…【11月11日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る