HOME > 医療トピックス[長野県版] > 補助循環装置「インペラ」導入で救命率向上へ  県内初、佐久医療C(10/16)

医療トピックス[長野県版]

補助循環装置「インペラ」導入で救命率向上へ  県内初、佐久医療C(10/16)

医療タイムス 長野県版 2019.10.16 
医療ニュース
 JA長野厚生連佐久総合病院佐久医療センター(渡辺仁院長)はこのほど、重症の心不全などの患者に対して、小型のポンプカテーテルを血管から挿入し、心臓の働きを助ける補助循環用ポンプカテーテル「IMPELLA(インペラ)」を県内で初めて導入した。同院によると、従来の装置などに比べ、心臓の負担が軽減されることで救命率の向上が…【10月17日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る