HOME > 医療トピックス[長野県版] > 救急ワークステーションを本格運用 長野市民、12日から(9/10)

医療トピックス[長野県版]

救急ワークステーションを本格運用 長野市民、12日から(9/10)

医療タイムス 長野県版 2019.09.10 
医療ニュース
 長野市民病院(池田宇一院長)は12日から、同院に救急隊員と救急車が待機する「救急ワークステーション」の本格運用を開始する。2017年9月から始めた試行運用に比べ、隊員の待機時間を延長して院内での研修時間を増やす。さらに、新たに無線を院内に設置し、病院側でも救急患者の情報が早期に把握できるようになり…【9月11日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る