HOME > 医療トピックス[長野県版] > 在宅避難と食、備えテーマに防災イベント 諏訪日赤(3/13)

医療トピックス[長野県版]

在宅避難と食、備えテーマに防災イベント 諏訪日赤(3/13)

医療タイムス 長野県版 2019.03.13 
医療ニュース
 諏訪赤十字病院(梶川昌二院長)は8日、これまでの災害の教訓を忘れないように東日本大震災に関連した防災・減災イベントを開いた。今後想定される都市型直下地震や南海トラフ地震などで多数の在宅避難が予想されていることから、「在宅避難」と「食」を重点に置き、「備え」をテーマに今回初めて防災セット用品や災害時の入院食を紹介する…【3月14日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る