HOME > 医療トピックス[長野県版] > 女性特有の神経発達障害、メカニズム解明 信大(1/18)

医療トピックス[長野県版]

女性特有の神経発達障害、メカニズム解明 信大(1/18)

医療タイムス 長野県版 2019.01.18 
医療ニュース
 信大医学部分子細胞生理学教室の森琢磨助教と田淵克彦教授の研究グループがこのほど、女性特有の神経発達障害「MICPCH症候群」の病態に関わる神経回路形成のメカニズムを解明したと発表した。神経発達遅滞やてんかん、統合失調症、自閉症などの神経疾患とも関係するため、将来の治療戦略を考える上で「大きな一歩になる」(森助教)と…【1月21日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る