HOME > 医療トピックス[全国版] > 薬価引き下げ、19年10月に 厚労省(11/19)

医療トピックス[全国版]

薬価引き下げ、19年10月に 厚労省(11/19)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は14日、中央社会保険医療協議会部会で、薬価の臨時改定を2019年10月に行う方針を示し、了承された。同省は19年4月に市場価格との差を調整するため薬価を引き下げ、10月に消費増税分を上乗せする案を検討してきたが、医療界の強い反発で断念。改定を一本化することにした。
19年10月の改定全体では薬価は引き下げられ、圧縮額は300億~400億円と見込まれる。来年度予算編成では社会保障費の抑制が焦点の1つとなっており、財務・厚労両省は年末に向けて調整を急ぐ
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る