HOME > 医療トピックス[全国版] > 医師発信の医療機器開発 アイデア発掘の必要性と在り方とは

医療トピックス[全国版]

医師発信の医療機器開発 アイデア発掘の必要性と在り方とは

医療タイムス 全国版 2018.10.09 No.2370
レポート,特集
今や医療機器市場規模は2兆8000万円となり、今後もその拡大が期待されている。求められているのは、医療現場のニーズを踏まえた医療機器の開発・事業化だ。9月30日に開かれた「第1回医師主導による医療機器開発のためのニーズ創出・事業化支援セミナー」(主催:日本医師会・経済産業省関東経済産業局)では、産官医の代表がそれぞれの立場から医療機器開発の在り方を報告した。

【行政の立場から】
医師のニーズを出発点として、
事業化ノウハウを有する企業の連携が必要だ

【産業界の立場から】
オールジャパンでの医療機器開発プロジェクトを実施

【医師の立場から】
現場のニーズ由来による医療機器開発を医師が実現
2370_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る