HOME > 医療トピックス[全国版] > 難病15万人が助成外れる、制度変更で1月から 厚労省

医療トピックス[全国版]

難病15万人が助成外れる、制度変更で1月から 厚労省

医療タイムス 全国版  
ニュース
難病患者への医療費助成制度が1月に変更されたことに伴い、軽症とされた患者ら約15万人が助成の対象から外れたことが20日、厚生労働省の調査で分かった。同日開いた厚生科学審議会の難病対策委員会で明らかにした。2015年の難病法施行で、国は医療費助成の対象疾患を拡大した一方、軽症者は医療費が高額な場合を除いて対象から外した。同法施行前から助成を受けていた患者には、症状の重さにかかわらず3年間、助成を継続する経過措置が講じられたが、昨年末で終了した。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る