HOME > 医療トピックス[全国版] > 進む訪日外国人の医療受入れ~地域の病院に期待が集まる

医療トピックス[全国版]

進む訪日外国人の医療受入れ~地域の病院に期待が集まる

医療タイムス 全国版 2018.06.18 No.2355
レポート,特集
2019年のラグビーW杯、20年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、訪日外国人の数は増加の一途だ。政府目標も年間4000万人とされている。一般社団法人訪日外国人医療支援機構は6日、「第3回訪日外国人の医療支援情報セミナー」を開催。観光庁と厚生労働省から現在の施策が説明され、訪日観光客に対応する事業者からはICTの活用や語学研修などの報告があった。国が訪日外国人対応の拠点となる医療機関の整備を進めているが、患者がアクセスしやすい診療所や地域の病院こそ、対応に備えることが期待されている。

「訪日外国人は受診できる病院を探している
 未払い問題には、旅行保険の普及促進で対応」
観光庁の取り組み

「外国人患者の受入れ対応を推進
 5力国語対応問診票など専用ツールを公開」
厚生労働省の取り組み

「新幹線内では249件の急病人が発生
9割が救急搬送―JR東海」
一般事業者の取り組み


2355_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る