HOME > 医療トピックス[全国版] > 夜勤交代制勤務の負担軽減の推進を要望 日本看護協会(4/23)

医療トピックス[全国版]

夜勤交代制勤務の負担軽減の推進を要望 日本看護協会(4/23)

医療タイムス 全国版  
ニュース
日本看護協会(福井トシ会長)は19 日、厚生労働省の山越敬一労働基準局長に、2019年度予算および政策に関する要望書を提出した。
現在、国会に提出されている「働き方改革推進法案」のうち、「労働時間等設定改善法」において勤務間インターバルの確保を事業主の努力義務とする内容が盛り込まれており、同会としては看護職員の夜勤交代制勤務の負担軽減につながるものと期待している。
同会からは、「労働時間等設定改善指針」の改訂の際に、①深夜業の回数②勤務間インターバルの確保③夜勤中の仮眠の確保―を盛り込むことを要望した。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る