HOME > 医療トピックス[全国版] > 東京ケアウィーク2018 地域包括ケア時代の医療~最新機器・サービスを活用する

医療トピックス[全国版]

東京ケアウィーク2018 地域包括ケア時代の医療~最新機器・サービスを活用する

医療タイムス 全国版 2018.04.02 No.2345
レポート,特集
毎年恒例となった介護や在宅ケアの展示会が東京ビッグサイトで開催された。話題の中心は、センサー装置を使った見守り機器(介護ロボット)やリハビリテーション関連製品。また保健や介護予防に関わる展示にも来場者が集まっていた。医療も地域におけるサービスネットワークの中で地域包括ケアを担うことが期待されているが、その理念を実際の医療やサービスにつなげるためのヒントを会場で探した。

【特別講演】
超高齢社会では施設型の医療から 地域包括ケアによる街づくりにシフト
内閣官房地方創生総括官 唐澤 剛 氏

【新製品・新技術】
介護ロボット、地域包括ケアシステムの展開を支援する機器らに関心が集まる
●センサーデータを医療機関で解析  エコナビスタ株式会社
●リストバンドで関節可動域を計測  株式会社Moff
●介護施設向けの野菜栽培キット   株式会社ダイドーハント
2345_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る