HOME > 医療トピックス[全国版] > 昨年の自殺者2.1万人、確定値8年連続減 厚労省(3/19)

医療トピックス[全国版]

昨年の自殺者2.1万人、確定値8年連続減 厚労省(3/19)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は16日、警察庁の統計を基にした2017年の自殺状況の確定値を発表した。自殺者数は前年より576人(2.6%)少ない2万1321人となり、8年連続で減少した。人口10万人当たりの自殺者数(自殺死亡率)は16.8人で、統計開始の1978年以降、最少となった。
男性の自殺者は1万4826人、女性は6495人。女性は過去最少だった。
年代別では40歳代が最多の3668人、続いて50歳代の3593人。20歳未満は567人で、前年より47人増えた。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る