HOME > 医療トピックス[全国版] > 入院医療の提供体制の推進 診療報酬改定の方向性

医療トピックス[全国版]

入院医療の提供体制の推進 診療報酬改定の方向性

医療タイムス 全国版 2018.02.26 No.2340
レポート,特集
診療報酬改定にかかわる議論が盛んに行われている。ある識者は、急性期医療について10対1と7対1の落差が是正され、「改定自体は良い方向だと思う」と指摘した。これからの福祉と医療を実践する会が主催したセミナーでは、株式会社ソラスト医療事業本部の水谷公浩氏が登壇。今回の診療報酬改定のポイントを解説した。ここでは10対1と7対1にかかわる急性期一般入院料について掲載する。

【急性期一般入院料】
7対1を緩やかに10対1に移行する診療報酬体系を目指す

【地域一般入院基本料】
13対1、15対1を再編・統合し新設

【地域包括ケア病棟入院料・医学管理料】
大規模病院は一般病床で対応 中小病院での病床増加を目指す意図が
2340_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る