HOME > 医療トピックス[全国版] > 民間銀行、融資姿勢の変化への対応~見える制度改革と、見えない変質

医療トピックス[全国版]

民間銀行、融資姿勢の変化への対応~見える制度改革と、見えない変質

医療タイムス 全国版 2018.02.19 No.2339
レポート,特集
民間銀行が変わり始めている。マイナス金利、緩やかな経済成長などの要因で融資額が減少、融資姿勢自体にも大きな変化が出てきているという。ヘルスケアマーケティング研究所所長の鈴木喜六氏は、医療機関側からの懇切丁寧な説明が大切ではと指摘する。現下の民間銀行の融資姿勢と医療機関の対応を考える。
特別寄稿 ● 鈴木喜六(ヘルスケアマーケティング研究所所長)

1.はじめに
2.金融環境の変化
3.民間銀行の融資姿勢の変化
4.医療機関側の対応
2339_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る