HOME > 医療トピックス[全国版] > 「医療的ケア児」 手厚く、 障害福祉サービスの新報酬 厚労省(2/19)

医療トピックス[全国版]

「医療的ケア児」 手厚く、 障害福祉サービスの新報酬 厚労省(2/19)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は5日、障害者に福祉サービスを提供する事業者に支払う報酬について、2018年度からの配分内容をまとめた。日常的にたん吸引などが必要な「医療的ケア児」が増えており、支援を手厚くする。
こうした障害児を受け入れる施設で看護職員を増やした場合などに、報酬を加算する。
また、障害が重くて外出できないケア児らの自宅を職員が訓練のため訪問する制度を創設し、こうした事業者に新たに加算。施設と自宅間の送迎に携わる職員向けの加算額も増やす。このほか、高齢化や障害の重度化を踏まえた対策も強化。受け入れ体制を整えたグループホームに加算する。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る