HOME > 医療トピックス[全国版] > 訪問看護ステーションの未来 ~ダブル改定も見据えて

医療トピックス[全国版]

訪問看護ステーションの未来 ~ダブル改定も見据えて

医療タイムス 全国版 2018.02.12 No.2338
レポート,特集
地域包括ケアシステムの中核として期待される訪問看護ステーション。成長性が見込まれ異業種からの参入が続く。業界再編の波と新旧交代、大規模化も進んでいるという。1月27日に行われたセミナー「訪問看護ステーションの未来創り」(主催ソフィアメディ株式会社)では、訪問看護ステーションの現在と未来が語られた。

【講演】
訪問看護ステーションの現在・未来 「変化に対応した者だけが生き残る」
旭川大学特任教授 元衆議院議員 山崎 麻耶 氏

【講演】
訪問看護への期待
日本訪問看護財団常務理事 佐藤 美穂子 氏

【ディスカッション】
訪問看護経営にとって必要な事項は何か
株式会社スターコンサルティンググループ 代表取締役 糠谷 和弘 氏

【あいさつ】
訪問介護ステーションの未来づくり 顧客から選択される経営戦略を
ソフィアメディ株式会社 代表取締役 水谷 和美 氏



2338_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る