HOME > 医療トピックス[全国版] > 三浦市立病院の挑戦 競争から協働で地域完結医療~多施設連携でイベント開催へ

医療トピックス[全国版]

三浦市立病院の挑戦 競争から協働で地域完結医療~多施設連携でイベント開催へ

医療タイムス 全国版 2018.02.05 No.2337
レポート,特集
医療資源に限りがある中、神奈川県三浦市で唯一の救急病院である三浦市立病院が選んだのは、かつてはライバルだった医療機関との協働だ。地域の連携も、新設された地域医療科が中心となって積極的に取り組む。患者の生活に密着するリハビリテーション科の職員たちは、出身校のネットワークを生かして介護予防イベントを開催。地域の医療・介護職と行事運営をする中で、気心の知れた信頼関係を深めている。その経験が自院の総合力向上につながった。

【地域医療科を新設】
他院との連携・協働で地域完結型医療を目指す

【地域の多職種協働】
多施設・多職種で介護予防イベントを開催
地域協働が病院の総合力向上に貢献
2337_28P.indd
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る