HOME > 医療トピックス[全国版] > 医療経営ステップアップフォーラムin東京 ダブル改定で加速する医療制度改革~2025年に向けた病院経営の将来像は?

医療トピックス[全国版]

医療経営ステップアップフォーラムin東京 ダブル改定で加速する医療制度改革~2025年に向けた病院経営の将来像は?

医療タイムス 全国版 2017.12.11 No.2331
レポート,特集
2018年度診療報酬改定の改定率が決定するのは、12月20日前後の見通しである。約1カ月前の11月25日、東京・新宿で開かれた「医療経営ステップアップフォーラムin東京」(共催・大成建設、医療タイムス社)には、約150人の病院経営者や経営幹部が出席した。フォーラムではコンサルタント、病院経営者、病院団体代表が、それぞれの立場から病院経営の今後を見通した。

【講演1】
2016年診療報酬改定以降の2年間で7対1病床が減少、地域包括ケア病床は激増
エム・アール・シー 社長 石上 登喜男 氏
【講演2】
病院倒産時代にM&Aで経営安定へ 再建ポイントは病院と職員の折り合い
伯鳳グループ代表 古城 資久 氏
【講演3】
医療・介護・障害福祉のトリプル改定 関係団体はプラス改定を望むが、財源は?
全日本病院協会会長 寿康会病院院長  猪口 雄二 氏
2331_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る