HOME > 医療トピックス[全国版] > 最期まで自分らしく生きる~切れ目ない緩和ケアの提供を

医療トピックス[全国版]

最期まで自分らしく生きる~切れ目ない緩和ケアの提供を

医療タイムス 全国版 2017.12.04 No.2330
レポート,特集
わが国が超高齢社会を経て、多死社会へと向かう中、人生の最期に関心が集まっている。特に死因トップを走るがんは平均して生涯に2人に1人がかかり、3人に1人が死亡する。今秋、医療フォーラム「がん新時代 これからの緩和ケア」(福岡市)を企画してコーディネーターを務め、宮崎市で開かれた「介護の心」シンポジウムでは、緩和ケア診療所長の講演を聴いた。心身の痛みを和らげる緩和ケアはがんと診断されたときから始まるが、余命告知を受け、迎える終末期の緩和ケアの現在はどうなっているのか、リポートする。取材●藤野博史(医療ジャーナリスト)

■終末期の安心と尊厳ある緩和ケア 急性期病院の在り方とは
■宗教的な理念に基づく苦痛の緩和とはどうあるべきか
■緩和ケアとは医療だけではなく人を幸せにする全人的な取り組み
■「生きているうちに『ありがとう』っていおう」
2330_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る