HOME > 医療トピックス[全国版] > 重症患者向けベッドの削減促進、医療実績重視に転換(11/27)

医療トピックス[全国版]

重症患者向けベッドの削減促進、医療実績重視に転換(11/27)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は24日、救急や重症患者向けの入院ベッドについて、診療報酬の算定ルールを見直す方針を固めた。看護師の配置人数が多いほど報酬を高くする仕組みから、提供する医療の実績に応じて支払う形に変える。高齢化や予防医療の進展で緊急手術が必要な患者数の減少が予測されるため、重症患者向けの入院ベッドも減らす狙い。2018年度の診療報酬改定への反映を目指す。
同日開かれた中央社会保険医療協議会に示した。入院患者を診る病院は看護師の配置人数で報酬額が変わる。最も手厚いのが患者7人に対して看護師1人の「7対1病床」で、06年度に導入された。しかし、報酬の高さから同病床を導入する病院が増え、06年の約4万5000床が17年には約35万床にまで膨れ上がった。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る