HOME > 医療トピックス[全国版] > 介護サービスの大半が黒字、利益率は低下 厚労省調査(10/30)

医療トピックス[全国版]

介護サービスの大半が黒字、利益率は低下 厚労省調査(10/30)

医療タイムス 全国版  
ニュース
厚生労働省は26日、2018年度介護報酬改定の基礎資料となる介護事業経営実態調査結果を社会保障審議会の委員会に報告した。調査した介護保険の全22サービスのうち居宅介護支援を除く21サービスで施設・事業所が黒字を確保していた。この結果を受け、年末の改定に向けた議論が本格化する。財政当局は経営状況が良好であることを理由に、介護報酬の引き下げを求める見通しだ。
介護保険サービスを提供する約3万2000カ所の施設・事業所を対象に、16年度の補助金を含む収支状況を調査。約1万5000カ所が回答した。21サービスが黒字となり、全サービス平均の利益率は3.3%だった。14年の前回調査の平均7.8%から大きく下がり、19サービスで利益率が低下した。ただ、14年は調査期間が同年3月の1カ月だったのに対し、今回は16年度全体を対象としている。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る