HOME > 医療トピックス[全国版] > 地域包括ケア病棟と在宅看取り ケア中心の生活支援型医療を目指す

医療トピックス[全国版]

地域包括ケア病棟と在宅看取り ケア中心の生活支援型医療を目指す

医療タイムス 全国版 2017.10.16 No.2323
レポート,特集
病院などの建築設計に関わる建築士や建設会社などが加盟する一般社団法人日本医療福祉建築協会は9月29日、医療福祉建築フォーラムを開いた。本年度は基調講演で地域包括ケア病棟協会会長、医療法人社団和楽仁芳珠記念病院理事長の仲井培雄氏が「地域包括ケア病棟の役割」と題して発表した。また看取りについての実践報告もあった。

【講 演】
「生活視点の医療を実践する地域包括ケア病棟の可能性」
地域包括ケア病棟協会会長・医療法人社団和楽仁芳珠記念病院  理事長 仲井 培雄 氏
【シンポジウム】多様化する看取りの場
「ホームホスピスで命の負担が少ないケアを目指す」
一般社団法人全国ホームホスピス協会 理事長 市原 美穂 氏
「看取りのできる地域づくりを目指して」
社会福祉法人生活クラブ風の村 理事長 池田 徹 氏
2323_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る