HOME > 医療トピックス[全国版] > 「野外救急法」という医療 専門学会も設立

医療トピックス[全国版]

「野外救急法」という医療 専門学会も設立

医療タイムス 全国版 2017.07.10 No.2310
レポート,特集
昨今盛んとなった野外体験活動の登山ガイドや野外体験プログラムを提供する自然学校、イベント主催者たちは野外における医療リスクに着目している。アメリカでは医療とアウトドア事業者による野外救急法が30年前に確立している。日本でも10年前から普及が始まっており、医療従事者の関わりも重視されている。今年6月には専門学会も設立。その際行われた医療と野外活動についてのカンファレンスを取材した。

■遭難、災害などのウィルダネス状況下で患者の生命を守れ医師らが野外救急法の普及に取り組む
■医師法と野外救急の関係が問題視されるが、緊急避難だから適法と判断される
■カンファレンス参加者が野外救急法を体験「酸素化」という観点から病態生理を評価する
2310_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る