HOME > 医療トピックス[全国版] > 地域に求められる病院へ ~慢性期で勝ち残る

医療トピックス[全国版]

地域に求められる病院へ ~慢性期で勝ち残る

医療タイムス 全国版 2017.04.17 No.2299
レポート,特集
2018年度同時改定では、高度急性期から回復期、慢性期へ、そして在宅という流れは明確になるといわれる。生き残りをかけて慢性期へ移行する急性期病院も増加するだろう。4月8日、9日に開かれた慢性期経営講座(主催:日本慢性期医療協会)では、今後勝ち残る慢性期病院像として多くの事例が発表された。
今号ではその一部を紹介する。

■基調講演
地域で勝ち残るための戦略を考える~自らの入院患者にどう来てもらうか
日本慢性期医療協会会長
博愛記念病院理事長  武久 洋三 氏

■事例講演
2025年に向けて病床削減が進む中、認知症ケアで地域を支える
京浜病院・新京浜病院理事長 熊谷 頼佳 氏
2299_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る