HOME > 医療トピックス[全国版] > がん10年生存率58.5% 国立がんセンター(2/20)

医療トピックス[全国版]

がん10年生存率58.5% 国立がんセンター(2/20)

医療タイムス 全国版  
ニュース
国立研究開発法人国立がん研究センター(中釜斉理事長)は16日、部位別10年相対生存率、5年相対生存率を集計し、全国がん(成人病)センター協議会ホームページで一般公開した。
10年相対生存率は、全がん協に加盟する32施設のうち、条件を満たす20施設で2000~03年に診断治療を行った4万5359症例について、18種の部位別に算出した。全部位全臨床病期の10年相対生存率は58.5%で前回集計(1999~2002年)0.3%増のほぼ横ばいだった。部位別では、前立腺(94.5%)、甲状腺(89.3%)、子宮体(81.9%)、乳(81.7%)、子宮頸(71.4%)、大腸(69.2%)、胃(67.3%)、腎(66.0%)、卵巣(45.7%)、肺(32.6%)、食道(29.4%)、胆のう胆道(17.3%)、肝(16.4%)、膵(5.1%)―など。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る