HOME > 医療トピックス[全国版] > 2017年 新春特集 トップの焦点(1/2)

医療トピックス[全国版]

2017年 新春特集 トップの焦点(1/2)

医療タイムス 全国版  No.2285
レポート,特集
地域医療構想の策定や新専門医制度の始動など、今年1年も医療界はさまざまな動きが予想される。将来を見据えた経営の舵とりは必須だが、斯界のリーダーたちはその先に何を見ているのだろうか。自らの勝負勘を寄せてくれた。

【所感Ⅰ】
「「地域から国へ」「日本から世界へ」国境を超えた課題解決に立ち向かう」
公益社団法人日本医師会会長 横倉 義武 氏
【所感Ⅱ】
「歯科医療の有用性、重要性がようやく理解されつつある状況に」
公益社団法人日本歯科医師会会長 堀 憲郎 氏
【所感Ⅲ】
「新たな価値創造へ―実行に移す1年でありたい」
一般社団法人日本病院会会長 堺 常雄 氏
【所感Ⅳ】
「目の前に解決すべき課題が多く存在 病院団体としてしっかりと対応したい」
一般社団法人日本医療法人協会会長 加納 繁照 氏
【所感Ⅴ】
「新しい年のスローガンは「日本の寝たきりを半分にしよう」」
日本慢性期医療協会会長 武久 洋三 氏
2285_28P.indd
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る