HOME > 医療トピックス[全国版] > マイナンバー制度の実施中止を要望 保団連(6/5)

医療トピックス[全国版]

マイナンバー制度の実施中止を要望 保団連(6/5)

医療タイムス 全国版  
 全国保険医団体連合会(住江憲勇会長)は4日、日本年金機構が大量に個人情報が流出したと発表したことを受けて、マイナンバー制度の実施を中止するよう声明を出した。
声明では、国民1人ひとりに番号を付けて、年金を含む社会保障・税・災害対策分野を一元管理するマイナンバー制度については、「以前から情報漏洩と悪用の危険性が指摘されてきた」と強調。個人情報は極力分散管理することが鉄則であるが、マイナンバー制度は桁違いの情報が集積さえるため、「リスクを集積するようなものである」と批判した。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る