HOME > 医療トピックス[全国版] > 人材確保などの財政措置を要望 日看協(5/19)

医療トピックス[全国版]

人材確保などの財政措置を要望 日看協(5/19)

医療タイムス 全国版  
 日本看護協会(坂本すが会長)は18日、厚生労働省の二川一男医政局長に、来年度の予算に関する要望書を提出した。坂本会長は、医療・介護提供体制の充実のために、人材育成や教育・研修の充実、勤務環境の整備が重要だとして、▽「特定行為に係る看護師の研修制度」の推進▽就業促進と勤務環境の改善▽訪問看護提供体制の整備にむけた指導者の育成▽看護基礎教育の充実▽医療機関における医療安全のさらなる確保・推進▽周産期医療提供体制整備の推進―の6点を要望した。
この記事の完全版は弊社発行媒体に掲載しております。試読・購読をご検討ください。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況などに応じ、媒体もしくは記事部分のみお届けします。
ページの先頭へ戻る